奈良 春日大社 2014

芸能を司る神社であった春日大社で20年に1度行われる式年造替。その節目に合わせ、AUN J クラシックオーケストラの演奏を奉納。奈良をモチーフにしたテーマソングを作曲し、コラボレーションモデルの創出を実現しました。

 
奈良 大本山 薬師寺 2014

法相宗[ほっそうしゅう]」の大本山、奈良・薬師寺は、2008年世界遺産に登録されました。国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事として奈良時代から脈々と続いてきた「花会式」において、AUN J CLASSIC ORCHESTRAが奉納演奏を行いました。


 
カンボジア アンコールワット 2013

世界遺産・アンコールワットを背景に、カンボジア、タイ、インドネシア、ベトナムの伝統楽器アーティストとともに、AUN Jオリジナル曲から、各国のメジャー曲、そして今回のためにAUNJが書き下ろした新曲「ONE ASIA」などを演奏。カンボジアのソック・アン副首相をはじめ、アンコールワット世界遺産会議に出席されていた世界各国の閣僚もご来場頂き、演奏後にはスタンディングオベーションを受ける、盛大なフィナーレとなりました。


 
平泉 毛越寺 2013

岩手県平泉、天台宗別格本山毛越寺(もうつうじ)は、慈覚大師円仁が開山し、藤原氏二代基衡(もとひら)から三代秀衡(ひでひら)の時代に多くの伽藍が造営されました。2011年の世界遺産登録を契機として、桜の名所でもある平泉町と奈良県吉野町の文化交流記念事業「救おう千年の桜チャリティコンサート」を開催しました。吉野 蔵王堂以来の歌手「中 孝介」氏との共演。毛越寺の朱色の建物がライトアップされ、美しい和の音色とともに荘厳な雰囲気が醸し出された。


 
クロアチア・ドゥブロヴニク 2012

AUN J CLASSIC ORCHESTRAはじめての西洋音楽との共演。西洋のオーケストラと和楽器のアンサンブルが2つの国を結ぶ友好の懸け橋となる。地中海で最も美しいと言われる世界遺産アドリア海の真珠“ドゥブロヴニク”で開催される地元交響楽団との合同コンサート。海外交響楽団ドゥブロヴニクシンフォニオーケストラとの音楽を通した心のふれあい。東洋と西洋の奏でる調べが交わり感動のジョイントコンサートが実現しました。


 
イタリア・サンマリノ共和国 2011

イタリア半島のルッカ、ローマ、フィレンツェ、サンマリノ4都市でのコンサートが実現。1000年の歴史ある教会をライブ会場に変貌させ、オリジナル曲から「ふるさと」や「花」といった日本民謡のカバー、また西洋クラシック「カノン」を演奏するなど、日本とイタリアのお互いが積み上げてきた文化を世界遺産の美しい景色を舞台に演奏。異次元の和楽器ライブに、世界の人々から喝采を受けました。


 
フランス・モン・サン=ミッシェル 2010

世界初となる、モン・サン=ミッシェル修道院内での音楽公演。「となりのトトロ」「風の谷のナウシカ」などフランスでも人気のあるスタジオジブリのアニメの音楽ほか、オリジナルの楽曲も多数披露。和太鼓、筝、三味線、篠笛、尺八、鳴り物など和楽器特有の響きで現地の市民や観光客から喝采を集めた。BS日テレ特番として番組化。8人のメンバーの背景や想いと、音楽を通した異文化との交流を描いた音楽紀行番組としても高い評価を受ける。
 


 
吉野 金峯山寺 蔵王堂 2010・2013

世界遺産 奈良県吉野山の麓、金峯山寺蔵王堂で行われた「桜シンフォニー&救おう千年の桜チャリティコンサート」において、歌手「中 孝介」氏らアーティストとの共演。金峯山寺の本堂である蔵王堂。日本最大の秘仏・金剛蔵王権現三体の特別開帳日、陽が暮れ始めると、国宝・蔵王堂がライトアップされ、中孝介の”地上でもっとも優しい"と称される歌声と、AUN J CLASSIC ORCHESTRAの日本の独自の音色が、たとえようもないほどの荘厳な雰囲気を醸し出した。2013年にはAUNJによる単独公演が開かれた。